ヨーグルトダイエットの方法と効果

ヨーグルトダイエットはヨーグルトの摂取方法でダイエットへの効果が変わってくるのが特徴。

 

大別すると3パターンあり、

  • 朝食をヨーグルトに置き換えるパターン
  • 間食や食事前にヨーグルトを食べるパターン
  • 夕食後に食べるパターン

です。

 

さらにホットヨーグルトで摂取すると乳酸菌の効果や基礎代謝の向上にも影響をしますので、より高い効果を得たい人にはホットヨーグルトがお勧めです。

 

またヨーグルトの種類と量も大きな影響を与えます。なぜかというとヨーグルト内の乳酸菌は胃酸の影響を受けやすいからです。せっかくヨーグルトを摂取しても胃酸で乳酸菌がやられてしまうと効果半減です。

 

こうならないために胃酸耐性のある乳酸菌を含んだヨーグルトを摂取したり、胃酸に少々やられてもある程度活きた乳酸菌が腸内まで届くように量を食べる等の工夫が必要になってくるわけです。

 

ヨーグルトダイエットの効果

ヨーグルトダイエットの効果ですが、基本的にダイエット時は食事量が少ないため便秘になりがちですし、腸内環境が悪くなる傾向にあります。腸内環境が悪くなると免疫力も低下したり肌がガサガサしたり、臭いの元となったりとダイエット以外の部分へも悪影響を及ぼします。

 

こうならないために、腸内環境を改善してくれる乳酸菌を豊富に含んだヨーグルトが重要になってくるわけです。しかもタンパク質やカルシウム、ミネラル等の栄養素が豊富に含まれていますし、発酵食品なので体にとてもよい影響を与えてくれるのです。

 

朝食ヨーグルトダイエットの主目的は大体上記の事柄になります。また寝起きは腸が最も活発に動く時間帯なので、その時にヨーグルトを食べて胃の真下にある腸を物理的に刺激して便通をよくする効果もあります。

 

間食・食前ヨーグルトは上記とは主目的が変わります。空腹時の胃酸のダメージから胃の粘膜を保護する役目が追加されます。このため間食・食前ダイエットは胃酸耐性のあるものが望ましいです。

 

夕食後ダイエットは少量のヨーグルトでも効果を最大限に発揮してくれます。夕食を食べることにより胃酸が薄い状態になってるからです。また食事で摂取した食物繊維と乳酸菌のミックスアップ効果で腸内環境がとても良くなりますし、翌朝の快便にとても効果があります。

 

このような感じで自分にあったヨーグルトの摂取方法を選んでダイエットしていただければと思います。

リンク集

更新履歴