ダイエットにおすすめな市販のヨーグルトの選び方!

健康によいとされるヨーグルトですが、今ではフルーツ入りのものから低脂肪、無脂肪、プレーンはもちろんカスピ海やギリシャなど、さまざまな種類が販売されています。また、脂肪や作り方のタイプだけでなく、さまざまな効能がある「新しい」タイプの乳酸菌を加えたものなども流通しています。

 

多種多様な商品から自分に合ったものを選ぶことができるため、選択肢が多いという点は確かに魅力的です。しかし、いざ選ぶ段階となれば何をどう選べばよいのかと陳列棚で悩むこともしばしばです。では、数あるヨーグルトの中でも、ダイエット効果が期待できるものとは、いったいどの商品でしょうか?

 

まず気を付けたい!自分にあった乳酸菌を!

ヨーグルトがダイエットに効果的とされる理由は、なんといっても整腸効果です。腸内環境が整うとお通じがよくなり、体に不要なものがたまらなくなります。いわゆるデトックス効果のことですね。

 

さて、ヨーグルトで整腸作用をもたらすのは有名な乳酸菌ですが、乳酸菌にはたくさんの仲間や兄弟がいます。種類が違うと効果も異なりますから、選ぶ前に少し下調べしておくとよいかもしれません。

 

数ある乳酸菌の中で、日本人の腸内細菌のひとつがガゼリSP菌です。こちらの乳酸菌を含んでいるナチュレ恵は、日本人に合った整腸作用をもたらしてくれます。トクホ商品ですので、安全性を気にする方にもおすすめです。

 

また、同じくトクホ商品でありポピュラーなものが明治ブルガリアヨーグルトです。こちらはナチュレ恵と同じく2種類の乳酸菌を含んでおり、整腸効果が高いとされています。

 

有名なカスピ海ヨーグルトって?

数年前に大流行したヨーグルトといえば、カスピ海ヨーグルトの右に出るものはいません。こちらはヨーロッパの東、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方が原産のヨーグルトです。

 

この地方は沖縄県などと同じく長寿の地域として知られており、その秘密のひとつがヨーグルトであると噂されています。カスピ海ヨーグルトはクレモリス菌FC株という乳酸菌によってつくられ、独特のとろりとした粘りが特徴です。

 

こちらは「生きて腸まで届く」と証明されている乳酸菌で、スーパーの商品は勿論通販でもヨーグルトの種が販売されています。

 

どれを選ぶ?ヨーグルトの種類

さて、いろいろな種類があるヨーグルトですが、自分に合いそうなものは決まりましたか?正直なところ、商品説明を読んだだけではそのヨーグルトが本当にあなたにとってダイエットの味方になるかどうかはわからないと思います。

 

そんなときにおすすめなのが、まずは2週間ほどお試し期間を設定することです。体重減少だけでなく、肌の調子やお通じが改善しないようなら、他のヨーグルトを試してみたり、2種類のヨーグルトを混ぜてみたり、といった対策をとってみましょう。

 

自分なりのベストにたどりつくまでの道のりは簡単ではありませんが、自分の健康のために楽しみつつがんばりましょう。